冷却期間を経た後、相手に送るメールで注意すること

大好きな人との別れは誰にでも経験があると思いますが、その別れがどのような形であったにしろある程度の冷却期間が過ぎると「何しているかな・・・」「もしかしたら会いたいって思っているかな・・・」「謝って復縁したいな・・・」なんて気持ちになることがあります。
特に自分に非があることが明らかで相手に嫌われてしまったが、自分はまだ好きな気持ちが変わらず何とか復縁できないかと思った場合は、なんとか連絡を取ってまた繋がることから修復したいと思うはずです。
そんな時、まずはどんな行動を起こすでしょうか?いきなりその人の家に行くなんてできないので、まずは連絡を取って相手の出方を知りたいと思うのが普通です。
しかし、その最初の連絡は直接電話するのはNGで相手に迷惑をかけないためにもメールを使うと良いでしょう。
そのメールの内容はとても悩むと思いますが、一番やりがちで一番ダメな内容が「久しぶり!元気〜」といった内容で、相手を傷つけたことを全く反省していない、今の状況や相手の気持ちなどを無視した最低なメールになってしまいます。
とにかく何をかいたら分かららないから最初にこの内容を送って相手がどんな内容を返してくるか待つと言う考えは止めたほうがいいでしょう!復縁したいという気持ちがあるならば内容を考えて誰にでも送るような便利な内容は逆効果です。

冷却期間を経てもあなたのことを忘れていないと言うことをアピールするためにも、まずは相手の好きなこと嫌いなことをリストアップしてみることがおすすめで、その内容に合ったメールを考えると「まだあなたのことを大切に思っている」ということが伝わるのです。
例えば相手がすきな芸能人やスポーツに関することを質問したり、自分しか知らない相手の特技の話なんかも良いかもしれませんね。
最初のメールは誰でも緊張すると思いますが、それが相手にとってしばらく冷却期間を経てからのあなたの第一印象になるのですから、とにかく相手のことを考えてあまりにも軽いメールは送らないように注意しましょう!